Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

I'm not OK

小説、映画、音楽の感想など

映画「シン・ゴジラ」庵野秀明総監督、2016

http://shin-godzilla.jp/

怪獣映画のリメイク。自衛隊の砲撃でもまったく効かない巨大生物に、日本政府の官僚の特殊チームが、民間企業やJRにも協力してもらいつつ科学の力で挑む。

ゴジラによる東京破壊シーンは凄まじかった。本気で怖いと思った。ありえないほど怖かった。映画なのに。直接人が死ぬところは描かれないし、どちらかというと美しいとすら感じられる映像だったが。

音楽による効果は大きいと思う。何かはっきりしたメロディではなく、悲鳴、絶叫のような甲高い声。

また、一つ重要な点は、東京破壊シーンは、ゴジラからの攻撃という点だ。

ゴジラはそれまで自衛隊からの放射にも不感な様子で、何を考えているのか分からなかった。それが、アメリカ軍の空からの貫通爆弾だったか、に反応してビームや炎を撒き散らした。ああ、怒らせてしまった、という罪悪感、後ろめたさ、そりゃ怒って当然だわ、というゴジラへの共感が、恐怖の一員だと思う。

ゴジラから仕掛けてきたなら、これが最新のCGか、という見方もできただろう。しかし、ゴジラがついにダメージを受けてそれに対してやり返すところを見てしまうと、観客はゴジラに共感をもってしまう。やられる側でありながら、これはやられて当然だ、と受け入れてしまう。大げさに言うと罪の意識が、為すすべなくゴジラのビームを受け入れるだけの諦観、無力感の下地になる。恐ろしい事だ。ゴジラに共感させてしまうなんて。

前段階の、多摩川での日本自衛隊とのやり取りは、ゴジラに親しみを湧かせる効果があっただろう。自衛隊の総攻撃がまったく効かず、ゴジラの硬い皮膚に当たってパラパラと音をさせるだけなのは予測通りであり、ユーモラスに感じられる。この予定調和で必要のない前戯によって、ああいつも通りのゴジラだ、と安心してしまう。自衛隊の、銃後も大事な仕事だ、という良い話を差し込むのも、ゴジラを受け入れるための罠だろう。

アメリカ軍は前戯をしない。そんな痛そうなことをゴジラにしてはいけない、という攻撃を最初から行う。怪獣に対する定石を分かっていない。

ラストバトルでの特殊チームによる足元からの攻撃も、定石破りだ。しかし今度はアメリカ軍が丁寧にゴジラを扱う。そのことによって勝機が生まれる。

最初観た時は、科学の勝利だと思ったが、違うのかもしれない。科学の力で勝ったのではない。折り紙の謎を解くのは科学とは関係が無い。電車も。

まったくコミュニケーションが取れない相手であっても、攻撃したら、そりゃ怒るよ、というのが1度目の悲劇。そのことがなんとゴジラに共感してしまうからこそ東京破壊シーンは怖い。やられて当然だと思ってしまうから。

ラストバトルは、ゴジラと特殊チーム側が文字通り、すべてを出し切る。先に出し切ったほうが負ける、というようなものではない。どちらも果てて止まるだけだ。

怪獣映画、政治サスペンス、SFアクションなどいろいろな要素があるが、何か根源的なものに触れた気がするのは、そんな絶対にコミュニケーションを取れない相手とどう向き合うか、というテーマが隠れているからではないかと思った。死ぬ気でセックスして果てる。まったくコミュニケーションはできていないが、やり取りはそのものは発生する。

ラストバトルでは、1度ダメだったかと思ったが、もう一度繰り返すところも重要だ。諦めない美徳というものではない。

一度ビルを倒壊させて下敷きにさせただけでは、ゴジラに伝わらなかったかもしれない。だが、2度目のアタックの後、 もう一度立ち上がってみせようとしたゴジラの、これまでに見られなかった性急な動きは、次の事を思わせる。下界の小さいもの達が何を自分に仕掛けようとしているのか、ゴジラはたぶん分かったんじゃないだろうか?

Remove all ads

小説「虐殺器官」伊藤計劃、2007

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)

近未来のアメリカ情報軍による暗殺チームを描いたSF。人をコントロールして殺し合いをさせるテクニックを巡って、暗殺チームリーダーによる淡々としたモノローグでラストに向かっていく。

そこまで必要か、というくらい緻密にハイテク兵器の仕組みが説明される。その一方でコアとなる殺し合いを先導するテクニックは直接は描写されないので(無理だが)、ややもどかしさがある。

過剰な残酷描写というのではなく、赤い花が咲くように頭が割れていた、のように詩的とも言える表現が効果的だった。特に、グロテスクな悪夢の描写はとても良かった。戦場に入っていくときの風景も、内戦状態の人々の救いがない感じで良い。ただアクションシーンそのものは、わざとなのか動きが描かれないようにも感じた。定石だと、現在形の短い文や単語を連発してリアルタイム感やスピード感を出すものと思う。恐らくそういう捻りの無い、いかにもアクションシーンです、という文は、著者は恥ずかしくて書けなかったのではないか。普通だと「相手の首にナイフを突きつける」のように現在形で書くところ、替わりに、本作では「ナイフを突きつけている」と英語の現在進行形のように書く。英語の直訳というニュアンスと、あと他人事のように語り手が醒めて見ているという二重の効果を出す意図なのかと思う。

テロ、超大国アメリカ、自我、身体、マインドコントロール、技術や組織と責任、自由、など現代的なテーマを織り込んでおり、こんな水準で小説を書けるものなのか、と恐れ入った。

ドラマとしては、三角関係か。最悪な部分を見せても自分を許してくれそうな女性を巡って戦う…かというと直接戦っているわけでもない。ダークサイドでもいいから筋を通したいという純粋さを持つ主人公の成長物語なんだろう。

そのように純粋でありたい、自分から不純物を取り除きたいという志向が、アメリカ軍の輸送機や先端テクノロジーを駆使してプラハ、中近東、アフリカなどをさっと行って制圧してくるゲームのようなスピード感とも調和している。

ミッション・インポッシブルなどで国から国へ、アクションシーンを見せるためだけに次、次、と飛んでいくあのストレスの無さ。私はゲームをやらないが、戦場を舞台にしたゲームのステージごとの切り替えもそんな感じだろうか。新しいステージに着くと、その地方の歴史や社会の描写は行われない。高速移動中の輸送機での会話、装備の準備をすると地上に落下して敵潜伏地への潜入ミッションが始まる。21世紀の映画、ゲームのストレスレスな場面切り替え、大量の情報が通過して後はスタイリッシュなアクションをするだけ、という快楽に小説が追いついたのだ。

ただ、小説の限界なのか、アクションそのものはそれほど描写されない。基本離人的なモノローグが続く。その直前までの潜伏は緻密に、スリリングに描かれるが。主人公が体を酷使したり痛めつけられることは罠に引っかかって特殊な薬を飲まされた時くらいだ。悪夢の描写はとても生々しかったので、バトルで身体的にも追い詰められる緊迫感があると良かったと思う。痛みを知覚と分離する(脳のモジュールを一部マスキングする)というテクノロジーを使っているので、設定的にできないのかもしれないが。

贅沢な小説だ。

Remove all ads

映画「メットガラ」2016

ニューヨーク、メトロポリタン美術館でのファッションイベントと、その企画者であるボーグアメリカ版編集長アナ・ウィンターを追ったドキュメンタリー。

 http://metgala-movie.com/

 

仕事の仕方について学ぶ事があった。

 

  1. 議論中国をテーマにした展示について、中国の役人から、過去の前近代的な中国だけをなぜ取り上げるのか、現代の近代化された中国も扱わないと中国について正しい理解が広まらないのでは、という指摘が入る。それ自体は最もだと思う。奇抜に走ったファッションも展示された。それに対して、美術館の部長さんやファッション雑誌の凄腕編集長は、これは芸術であって、想像力を刺激するファンタジーが必要なのだ、また中国人デザイナーもいると返す。また、別のお偉いさんとの会食の場でも同じ質問をされた時に、ウォン・カーウェイは新しいものを作るには過去を見なくては、という創作論を展開する。実際に映画を作って来た世界的な映画監督だからこそ意味のある意見だが、こういうのも映画監督の仕事なんだなと思った。そのまま議論するとオリエンタリズムについて絶対平行線に終わるだろう点について、芸術という一段上?の特定の団体の損得を超えた概念を持ち出す事で、そんな事で足を引っ張るな、と議論を棚上げしてしまう。これに反論するには、芸術といっても古今東西でいろいろ有るし政治と切り離せないというような芸術論のステージで戦わなくてはいけない。私には縁のない上のレイヤーでの交渉だが、こういう抽象的な土俵で戦う世界があるのか、すげえなあと思った。
  2. ウォン・カーウェイの仕事ぶり。映画監督のウォン・カーウェイが関わっている。だが、オープニングの1週間前になっても設営が進んでいない。現場の担当に「なぜ進んでいないんだ?」と聞くと、マネキンの向きを確認しないと…のような事で止まっている様子。映像の編集もあると思うが、ウォン・カーウァイは自ら美術館の部長に会いにいって、立ち話でマネキンを貸してくれ、と話を付けてくる。フットワーク軽いし、あのウォン・カーウェイがこんな現場のマネキン手配までするのか、と驚いた。思うに、映画製作の現場はそういう機転や自ら動く事が求められるんだろう。

  

Remove all ads

映画「哭声」ナ・ホンジン、2016

http://kokuson.com/sp/

韓国の地方の村を舞台にしたサスペンス。

いろいろな要素が混合しており、謎のまま終わる。家族愛、ゾンビ映画、民俗宗教、キリスト教、刑事物、カルト、など。

粘っこい、怒りや焦り、不安がテンション高い状態を数分間持続させる力強さが、監督の強みか。その持ち味がよく発揮されているのが、後ろの方に置かれた、主人公の警官+村人数人 vs. ゾンビ化した村人とのバトルシーンだ。時々笑いが起きる程やり過ぎな格闘シーンだ。よく撮ったなあ、と思った。

主人公や村人の男達が単純で感情の起伏が激しい面を戯画化して描いているためか、笑えるシーンも多かった。

韓国の村の風景はとても美しい。

チョン・ウヒがきれいすぎ。

テーマについては、人を信用できないでつまずく事だろうか。映画の中では、誰が正しいのか明示されない。日本人、祈祷師、謎の女、の3人ともが怪しい。主人公の警官も、娘のためなんだと言いながら倫理の壁を越える。

謎解きの様なサスペンスはありつつ、誰が正解なのか、に焦点が合っていて、何をしたら良いのかという倫理にはあまり触れていない気もした。主人公は翻弄されるだけで、特に何か倫理を試されてはいないと思う。

とは思いつつ、密度は高く、3本分の映画を観るくらいのおもしろさは最後まで味わえる。

邦題の「哭声」は、舞台となる同音の村の名前と、原題の「the wailing」の両方にかけたものか。よく考えたなあ。

Remove all ads

映画「お嬢さん」パク・チャヌク

http://digit.tokyo/ojosan/sp/index.html

1939年の朝鮮半島のお屋敷を舞台にしたサスペンス。

三部構成で、登場人物が皆ずる賢こく、誰が騙しているのか騙されているのか二転三転する。最後まで気の抜けないスリルがあった。映像がきれいで、音楽も控えめに盛り上げて良かった。

閉じ込められた世界で、濃密な信頼関係を結んで外の世界に脱出しようとするのは良いなと思った。ただ、その信頼関係を結ぶべき経験の共有も、ほぼ騙し合いだったりするので、なんでそんなに信頼関係を結べるんだろう、という気はした。でも屋敷を脱出するシーンの開放感は良かった。

変態達の読書会はおもしろかった。

レズシーンはそんなに見せなくても、と思うほど過激だった。音で聴かせる。

Remove all ads

本「ゲンロン0 観光客の哲学」東浩紀、2017

ゲンロン0 観光客の哲学

ゲンロン0 観光客の哲学

他者を大切にしよう、というのを、観光客がよその地域に興味本位で出かけていくイメージで、ハードルを下げたような提案。

後半は、家族を、血縁に縛られたり国家の単位に取り込まれるのではない、偶然を大切にする装置として描こうとしているように思った。ヘーゲル国家主義的な政治思想を人の成長のイメージでモデル化したのを、さらに推し進めて、子供はたまたま生まれてくるし、よその子でも子供は大切にしたくなる、という形に変形しようとしているのだろうか。

どちらも、イメージを書き換える作業だ。ほとんど1ページごとに、はっとさせられるアイデアがあった。

ただ、読み終わってもどう受け止めていいのかよく分からなくなった。子育てして時々旅行に行くという、中流核家族を肯定すればいいのか。そういう話ではなくて、哲学というか抽象的な話なんだろうとも思うけど。

比喩なのか、具体的な話なのか、区別が曖昧になるところが大切な気もするし、同時にも私がもやもやする要因でもある。

Remove all ads

映画「トレインスポッティング2」Danny Boyle, 2017

不安定な生活を送る中年男4人の交錯を描く。前作を観ていないのでそこまで乗れなかった。

麻薬、窃盗、セックス、商売、喧嘩、裏切り、など。シニカルでスピード感はあった。

場面場面は刺激的だけど、拡散してあまりまとまった印象が無い。それは4人がそれぞれの人生を送るからなのか。

前作の裏切りによって喧嘩していたかと思うと、仲直りしたようで、いい歳してゲームやったりサッカー観て盛り上がっているシーンはおもしろかった。

20年前に聴いていたロック音楽でまだ踊るなど、大人になれずに子供のままの部分がある、という感じだった。特に救いもなく、かと言って悲劇というわけでもなく、なるようになるんだなという気になった。

気の弱い男が小説の才能を示したり、暴力的な男がやり返されたり、やや勧善懲悪的な気もした。

4人それぞれの目標が明確に見えているといいと思った。

Remove all ads