I'm not OK

小説、映画、音楽の感想など

ライプニッツ 小品集 対話の数式

モナドロジー・形而上学叙説 (中公クラシックス)

モナドロジー・形而上学叙説 (中公クラシックス)

p.159

次にa=d-eとしますと、その結果としてa^2=d^2+e^2+2deが出てきます。

という記述が有ります。
最後の項、-2de じゃないのかな?

「第二の式は全体dに対する部分aの関係、および差eに対する部分aの関係を表す。」という表現は、自然言語と数式が直結していて、頭良い人だなと思いました。

Remove all ads