I'm not OK

小説、映画、音楽の感想など

映画『沈黙』

思ったよりも淡々としていた。

 

イッセー尾形が好演。

頭が良さそう。

壮絶な拷問シーンというより、精神的に追い詰めて棄教させるのがうまい。

あと、その後も何度も証書を書かせるのが嫌らしい。

 

「日本は沼なのだ」という命題は、芥川龍之介の小説『神神の微笑』に出てくる「造り変える力」の変奏だと私は思う。

 

浅野忠信の「これは形式なんだ」としつこく言うのがなんとなく説得力あった。

 

映画の中で、奇跡が起こる、或いは主人公の幻想なのかもしれない。

その後の含みが本作品の最大のテーマになると思うのだが、やや淡々とし過ぎている様に感じた。だからこそラストシーンが光るのだが。

ただ、もう幾つかエピソードが有っても良かったと思う。

 

 

 

 

Remove all ads