I'm not OK

小説、映画、音楽の感想など

映画「哭声」ナ・ホンジン、2016

http://kokuson.com/sp/

韓国の地方の村を舞台にしたサスペンス。

いろいろな要素が混合しており、謎のまま終わる。家族愛、ゾンビ映画、民俗宗教、キリスト教、刑事物、カルト、など。

粘っこい、怒りや焦り、不安がテンション高い状態を数分間持続させる力強さが、監督の強みか。その持ち味がよく発揮されているのが、後ろの方に置かれた、主人公の警官+村人数人 vs. ゾンビ化した村人とのバトルシーンだ。時々笑いが起きる程やり過ぎな格闘シーンだ。よく撮ったなあ、と思った。

主人公や村人の男達が単純で感情の起伏が激しい面を戯画化して描いているためか、笑えるシーンも多かった。

韓国の村の風景はとても美しい。

チョン・ウヒがきれいすぎ。

テーマについては、人を信用できないでつまずく事だろうか。映画の中では、誰が正しいのか明示されない。日本人、祈祷師、謎の女、の3人ともが怪しい。主人公の警官も、娘のためなんだと言いながら倫理の壁を越える。

謎解きの様なサスペンスはありつつ、誰が正解なのか、に焦点が合っていて、何をしたら良いのかという倫理にはあまり触れていない気もした。主人公は翻弄されるだけで、特に何か倫理を試されてはいないと思う。

とは思いつつ、密度は高く、3本分の映画を観るくらいのおもしろさは最後まで味わえる。

邦題の「哭声」は、舞台となる同音の村の名前と、原題の「the wailing」の両方にかけたものか。よく考えたなあ。

Remove all ads