I'm not OK

小説、映画、音楽の感想など

映画「シン・ゴジラ」庵野秀明総監督、2016

http://shin-godzilla.jp/

怪獣映画のリメイク。自衛隊の砲撃でもまったく効かない巨大生物に、日本政府の官僚の特殊チームが、民間企業やJRにも協力してもらいつつ科学の力で挑む。

ゴジラによる東京破壊シーンは凄まじかった。本気で怖いと思った。ありえないほど怖かった。映画なのに。直接人が死ぬところは描かれないし、どちらかというと美しいとすら感じられる映像だったが。

音楽による効果は大きいと思う。何かはっきりしたメロディではなく、悲鳴、絶叫のような甲高い声。

また、一つ重要な点は、東京破壊シーンは、ゴジラからの攻撃という点だ。

ゴジラはそれまで自衛隊からの放射にも不感な様子で、何を考えているのか分からなかった。それが、アメリカ軍の空からの貫通爆弾だったか、に反応してビームや炎を撒き散らした。ああ、怒らせてしまった、という罪悪感、後ろめたさ、そりゃ怒って当然だわ、というゴジラへの共感が、恐怖の一員だと思う。

ゴジラから仕掛けてきたなら、これが最新のCGか、という見方もできただろう。しかし、ゴジラがついにダメージを受けてそれに対してやり返すところを見てしまうと、観客はゴジラに共感をもってしまう。やられる側でありながら、これはやられて当然だ、と受け入れてしまう。大げさに言うと罪の意識が、為すすべなくゴジラのビームを受け入れるだけの諦観、無力感の下地になる。恐ろしい事だ。ゴジラに共感させてしまうなんて。

前段階の、多摩川での日本自衛隊とのやり取りは、ゴジラに親しみを湧かせる効果があっただろう。自衛隊の総攻撃がまったく効かず、ゴジラの硬い皮膚に当たってパラパラと音をさせるだけなのは予測通りであり、ユーモラスに感じられる。この予定調和で必要のない前戯によって、ああいつも通りのゴジラだ、と安心してしまう。自衛隊の、銃後も大事な仕事だ、という良い話を差し込むのも、ゴジラを受け入れるための罠だろう。

アメリカ軍は前戯をしない。そんな痛そうなことをゴジラにしてはいけない、という攻撃を最初から行う。怪獣に対する定石を分かっていない。

ラストバトルでの特殊チームによる足元からの攻撃も、定石破りだ。しかし今度はアメリカ軍が丁寧にゴジラを扱う。そのことによって勝機が生まれる。

最初観た時は、科学の勝利だと思ったが、違うのかもしれない。科学の力で勝ったのではない。折り紙の謎を解くのは科学とは関係が無い。電車も。

まったくコミュニケーションが取れない相手であっても、攻撃したら、そりゃ怒るよ、というのが1度目の悲劇。そのことがなんとゴジラに共感してしまうからこそ東京破壊シーンは怖い。やられて当然だと思ってしまうから。

ラストバトルは、ゴジラと特殊チーム側が文字通り、すべてを出し切る。先に出し切ったほうが負ける、というようなものではない。どちらも果てて止まるだけだ。

怪獣映画、政治サスペンス、SFアクションなどいろいろな要素があるが、何か根源的なものに触れた気がするのは、そんな絶対にコミュニケーションを取れない相手とどう向き合うか、というテーマが隠れているからではないかと思った。死ぬ気でセックスして果てる。まったくコミュニケーションはできていないが、やり取りはそのものは発生する。

ラストバトルでは、1度ダメだったかと思ったが、もう一度繰り返すところも重要だ。諦めない美徳というものではない。

一度ビルを倒壊させて下敷きにさせただけでは、ゴジラに伝わらなかったかもしれない。だが、2度目のアタックの後、 もう一度立ち上がってみせようとしたゴジラの、これまでに見られなかった性急な動きは、次の事を思わせる。下界の小さいもの達が何を自分に仕掛けようとしているのか、ゴジラはたぶん分かったんじゃないだろうか?

Remove all ads