I'm not OK

小説、映画、音楽の感想など

本 『死者の書』の謎 折口信夫とその時代 鈴木貞美、2017

『死者の書』の謎――折口信夫とその時代

 

序章と一章まで読んだ。

話がどこに向かっているのか分からないが、文学者、民俗学者、研究者など複数の顔を持つ折口信夫像を、『死者の書』をメインに色々なエピソードで描いている。不敬罪言論統制が強まる中で、静かながら言うべきことは言い、相手が権力に擦り寄る嫌らしい人間には、その嫌らしい論理をそのままそういうことはしてはいけない、と真正面から諭す姿勢は、倫理的だなと思った。

文は分かりやすく、軽く、スピード感があって、必要以上に「ここになにか深いものがある」というような思わせぶりなところがないので読み易い。

 

 

Remove all ads