I'm not OK

小説、映画、音楽の感想など

映画 レディ・プレイヤー1

※ネタバレあり

オタク vs 営利企業の近未来SFサスペンス。

 

没入型のバーチャル世界の管理者権限を巡って、貧困層の若者達と殺人も辞さない営利企業の経営者とが対決する。敵の社長?も、株主の為に動いているに過ぎないところは見ておくべきかと思う。

 

カーレースゲーム、ホラー映画、MMO、格闘ゲーム、初期の家庭用ビデオゲーム、等を舞台にしつつ、1980〜2000年位のアニメ、ゲームのキャラクターがたくさん登場する。日本のロボットアニメや特撮、ゲームも。それらが同じ画面に出てくるのは楽しい。序盤のカーレースゲームの暴力性は激しく、動体視力がついて行けず、何が起きているのかよく分からなかった。

 

冒頭のvan halen の Jump! (1984)からして、1980年代のサブカルチャーにスポットが当たっているなと感じた。近未来の貧困層の住む集合住宅と、バーチャル世界のギャップを演出するのには、80年代のポジティブでハイテンションな歌が良かったのだろうか。ターゲットとしているのが60歳、35歳、10歳という3世代という事だろうか。60、70年代はアメリカン・ニューシネマの時代か。それ以降のこの40年間はスピルバーグがハリウッドと世界を制覇する過程で、その高らかな勝利宣言に思えなくもない。

 

しかし、観終わってすぐは何も残らない映画だなというのが私の感想だった。理由は結末だ。オタク文化讃歌になるのかと思っていたが、やりたい事を仕事にしつつ安定した雇用と、若くてかわいくてセクシーで親の不幸のトラウマがあってツンデレ気味の女を手に入れてめでたしめでたし、というハッピーエンドに見えた。まあそれはオタクの男の夢だろうが。それでいいのだろうか。

 

という気分で、楽しい2時間だったがどうも興醒めした気分でいたが、話の筋としては謎解きのクエストがある。巨大バーチャル世界を作った開発者(自閉症スペクトラム障害のように描かれる)の内面に関わる謎を解くことが鍵だ。繊細な心を持ちつつ、他人とうまくやれない男を理解することがクエスト攻略のヒントになる。そして最後のセリフ。

 

人はデリケートな心をもっており、その心にアクセスして信頼関係を作ることは、何よりもスリリングでおもしろいゲームなのだということではないか? だとしたらやけにリアルの大切さを強調した終わり方も良いと思う。

 

追加(ネタバレ)

と、観てから1日経ってようやく気付いたことがある。バーチャル世界設計者は生きているのだと思う。最後の方にバーチャル世界のリセットボタンを主人公に教える場面がある。その時にリアル世界でアクシデントがあり、危うく主人公がボタンを押しそうになる。その際にとっさに設計者が言うセリフは、人工知能で言えるものではないのではないか? 先にクエストの成果である鍵を渡す時にも、受け取らないのか?とインタラクティブに応答する場面があったから、こちらも人工知能で返答できる範囲とも言えなくもない。しかし、主人公がわざわざ質問までするのだ。セリフでの答えを素直に受け取ってしまったが、私が鈍かったと思うべきか。